奈落家ノート

おもに奈落家(漫画 犬夜叉の敵キャラクターたち)の属性に関するnote(ミニ電子書籍) と 自由なエッセイ(カテゴリ今日の自由)のブログ記事 を載せていきます。更新はかなりゆっくりめです。

歯磨き粉の自由

 歯磨き粉を実際にいろいろと試してみて、

その自由(可能性)について考えてみました。

f:id:wind_dance99:20200706183717j:plain

試した歯磨き粉の一部


|| 歯磨き粉は結局どれを使えば良い?

 何を重視するかによって

どの歯磨き粉を常用して使うべきか決まりますので、

まず、何を重視したいかまず決めましょう!

そうすると、ある程度の選択肢はしぼれてきます。

 

虫歯予防重視:

・クリニカ(※高濃度フッ素配合)

・アパガード

 

ホワイトニング重視:

・オーラ―ツーミー

・アパガード

 

汚れの洗浄力・口臭防止重視:

・クリアクリーン

・ピュオーラ

 

歯周病・知覚過敏対策等、歯茎への効能重視:

・シュミテクト

・GUM

 

(単に)風味重視:

・オーラツーミー

・クリアクリーン

 

殺菌性重視:

・GUM

 

研磨剤無し重視:

・アクアフレッシュ

・コンクール

 

効能の総合的なバランス重視:

・GUM

 

|| オススメ歯磨き粉① 一般的にホワイトニングならオーラツーミー

 ランキングもとある雑誌では一位でしたし、

ホワイトニング効果に対して費用がかなり安いので

コスパ最強です。

泡のきめ細かさと女性向けの上品な風味が特長。

ホワイトニング効果としては真っ白にはなりませんが、

少し白くなったと実感できるほど効果があります。

 

ちなみに、歯のホワイトニングを目指す上で費用がかかっても良いなら、アパガードがオススメです。

 

|| オススメ歯磨き粉② しっかり汚れを落としたいなら王道のクリアクリーン

 研磨剤の粒子で歯が傷つくと言われていますが、

研磨剤の入っていない歯磨き粉を使い続けた場合、

逆に歯の汚れがしっかりと落ちません。

常にクリアクリーンというのも歯が傷つく観点から言って考えものですが、

たまには研磨剤入りの歯磨き粉で汚れをしっかり落とした方が

お口の健康のためです。

ちなみに、研磨剤入りの歯磨き粉は週1~2回の使用がオススメです。

 

|| 【補足】歯磨き粉をいろいろ試してみる意味

 毎回違う歯磨き粉を使い続けることで気分転換になり、

また、違ったフレーバーに触れることで

味覚の力が高まり、味を認識し分ける力が高まります。

いずれは自分の好みや目的に合ったお気に入りの歯磨き粉も見つかるでしょう。


|| おわりに

 いかがでしたか?

少々、お金はかかりますが、気になる歯磨き粉を試して

常用するお気に入りを見つけていくことはとても楽しいので、

ぜひ、いろいろと使ってみてください。

回転寿司の自由

大切な人と回転寿司に行きました!

そこで、回転寿司のシステムを見て考えた自由と束縛(制限)についてです。

 

まず、座席に着いて、実際に回っているお寿司を取る場合。

その場合は、与えられた選択肢(束縛・制限)の中から選ぶ自由ですね。

元々、選択肢が限られるので得られる利益(満足)が多少制限されます。

ちなみに実際に回っているものを取るのでアナログ型の選択肢の取り方です。

 

一方、多くの人がするようにタッチパネルで選んで注文していく場合。

この場合は、最大限の自由の中から自分で選択肢を選んでいく積極的自由ですね。

ですが、最大限の自由の中から自分で選択肢を選んでいると言っても

タッチパネルですべての選択肢を見て選んでいる訳ではないので

やはり制限は受けます。

ただし、店側から制限を受ける回っているお寿司を取るのと違って、

自分で情報を取捨選択した上で、選択肢を選ぶので

その時の自分次第でその後の利益(満足)が左右されることが大きい

本来の一般的な自由と言えるでしょう。

ちなみにタッチパネルを使っているので

どちらかと言うとデジタル型の選択肢の取り方です。

 

ただ実際には、回っているお寿司を取るアナログ型と

タッチパネルで注文するデジタル型の選択肢の取り方を混合で行なえますので、

選択肢の取り方の自由は広がり、制限は狭まります。

 

また、他に選択肢の取り方として考えるべきことは、

デザートをいつ食べるかですねw

回転寿司のデザートはけっこうおいしいですが、

お寿司を10皿以上食べた後にデザートも食べるのはお腹がいっぱいで厳しく、

また、それゆえにデザートがそれほどおいしく感じられなくなってしまうんです。

ですから、おいしくデザートを食べるために早めに食べるか、

それともやはり順番的にデザートは最後か

それも考慮の上、選択肢の自由の中で

戦略的に選択肢を選んでいかなければならないなと思います(笑)

 

さらに考えるべき他の副次的な要素・要因による条件の制限として、

回っているお寿司は、鮮度の問題がありますし、

(鮮度管理システムで一定時間後に廃棄されていたり、

お皿にカバーがされて回っている店もあります。)

タッチパネル注文の場合は、新幹線のリフトが直接座席まで運んで来るか、

注文専用のお皿に乗っかって回って来るかの問題があります。

 

新幹線有るか無いか問題は大きい気がします。

新幹線のリフトだったら、来たら取ってタッチパネルを押して戻せば良いだけですが、

注文専用のお皿に乗っかって通常回っている物と同様に回って来る場合は、

タッチパネルが、回って来ると予告はしてくれますが、

いつ届くか、取り逃すんじゃないかと

筆者のように気が気じゃない人もいると思います。

筆者はそこが回転寿司の自由を楽しめるかどうかの

最大の考慮すべき条件ではないかと思いましたw

 

ただ、新幹線が有ってもメニューが豊富にじゃなかったり、

若干値段が高かったりするので、

そこはやはり一般に人が自由における選択肢の選び方を考える時と同様に、

そもそも何を重視して店を選ぶかがポイントです。

 

||【補足】回転寿司情報

何を重視して訪れる回転寿司の店を決めるかの参考にどうぞ!

※各店舗によっても異なるかもしれません。

※2020年2月現在の情報です。

 

*はま寿司

・他の回転寿司より安い(平日1皿90円~)

・新聞の広告チラシにクーポンが付いてくる

(あおさの味噌汁一杯無料・100円(90円)寿司一皿無料等)

・メニューが豊富

・お醤油が数種類ある

・新幹線ナシ

 

かっぱ寿司

・何かとコラボした特別メニューがある!

・洋風な寿司やサイドメニューが豊富

・新幹線アリ

 

*魚べい(元気寿司)

・メニューが一般的

・新幹線アリ

 

くら寿司

・添加物を使わない無添加メニューが売り

・お寿司にはフタがされて回っている

・食べ終わったお皿を5皿入れるとできるガチャ(びっくらポン!)がテーブル席にアリ

・新幹線アリ

 

*スシロー

・鮮度管理システムがしっかりしている

・メニューが豊富

・座席が赤色で高級感があって、クッションがやわらかめでリラックスできる

・新幹線ナシ

 

筆者は断然、はま寿司推しですw ただ、新幹線が無いのが唯一のネック。

図書館の自由

普段は冊数をたくさん読みたいのでブックオフやガラクタ鑑定団、

ネットで安くなっている本を買うのですが、

最近、本好きが高じて図書館も利用するようになりました!

 

図書館に置いてある本は、有名な本で良書とそうでもなくつまらない本に

大きく極端に分かれるのですが、

普段、本を買って読んでいる人が、さらなる本を求めて

パラパラと実際に中身を確認しつつも

費用を安く抑えるために借りて読むのに良い場所だなと思いました。

 

でも、図書館の良書は、本当に人気があって質の高い良書なので

買って読む方が線も引けて良いかもしれません。

良書でも借りられるのは比較的古い本なので古本屋でも安く買えますし。

 

ただ、基本的なベストセラーは置いてあり、

それほど借りられてもおらずスムーズに借りられるので、

それらをたくさん読むのが目的ならやはり図書館は良い場所だと思います。

 

あと、読書好きになる前はそれほど図書館に興味を持たなかったりするのですが、

読書好きになってベストセラーを読みたいと思って図書館に行くと、

数多くの選択肢があり、そこに自由があることに気づきます。世界が変わる!w

(わりと古い本しかないという制限もありますけど。)

 

図書館で本を探すのが大変でしたら、職員の方に言えば探してもらえますし、

本のタイトルがわかっていれば、

ネットで予約してまとめてすぐ借りられる所もありますので

効率的に本を借りることもできます。

 

ベストセラーに興味があるようでしたら、

ぜひ、図書館の自由を利用してみては?と思います。

お祭りの自由

大手車会社のお祭りイベントに行きました。

 

内容としては、普通の夏祭りのように露店がたくさんあり、

車会社のイベントらしく、新しい技術を使った車の展示や

スポーツカーが走っているを見れたりしました。

(長蛇の列だけど並べば乗車体験もできる)

あと、お笑い芸人さんや歌手の方のステージもあったり、

その会社のある地域の近隣の生き物を展示した生物展もあったりしました。

 

でも筆者はそれらを見回っていてふと疑問に思いました。

このお祭りイベントは子連れの夫婦が多いのですが、

子連れの夫婦(だいたい子供は4、5歳、両親は20代後半~30代以上の方)は

幸せとしては完成形じゃないですか。

確かにそのお祭りイベントは楽しいけど、

幸せの完成形、本当にこれでいいの?と。

 

筆者はあまり外を出歩く方ではないので

見聞を広げる意味で来ていた部分があるのですが、

果たしてそういった努力の結果、

幸せの完成形が家族でこういったイベントに来ることでいいの?

もっと優れた自由の使い方があるんじゃないの?と思ったのです。

まぁ、確かに家族の方は、

家族サービスの一環として来ている部分は否めないとは思いますが、

本当にそれで良いのかなぁと。

 

確かに、現代の自由における幸せの享受の仕方の一つとしては、

現代の技術を上手く使い、現代ならではの自由を楽しむことですが、

それだけだと刹那的で「あー楽しい」で終わってしまって

次の自由につながらないと思うのです。

確かに今を楽しみ、幸せであることは重要ですが、

未来につながることも同じくらい重要です。

だからそういった快楽的な楽しみはある程度やったら

とりあえずいったん終わりにして

次につながる努力を楽しみ、自由の中身としていく方が

より良い生き方ができるのではないかなと思ったのです。

それが何かは自分自身で追求していくしかありませんが。

 

そんなことを、コーンフレークを衣に使って

パリパリに見せかけているパリパリチキンを露店で買って

友人と一緒に文句をぶつくさ言いながら食べて思いました。